本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

   【第1回 パラ・パワーリフティング チャレンジカップ京都】に向けての大会準備を行いましたのでその様子を報告します。

  5月11日(金)に心障センター体育館の指導員をはじめ、附属リハビリテーション病院、支援課、府立医大、パラ・パワーリフティング連盟などたくさんの方々が協力して準備を行いました。

 

体育館のシート敷き

 隙間ができないように、丁寧にシートを敷いています。敷き終わったところからテープを貼り、固定もしました。

大きいシートは3人がかりで持ち運んでいたほど重たかったです。

 

観客席等の設置

 体育館だけでなく、病院・支援課などのイスも利用し観客席の設置を行っています。とても数が多く大変でしたが、協力して設置しています。イスの設置場所などは、副所長が的確に指示してくださりスムーズに進めることができました。

 

ベンチ台の設置

 ベンチ台はとても重たかったですが、台車などを上手く活用し運びました。一人ではとても持つことのできる重さではなかったので、3人、4人で協力して運びました。

 パワーリフティングの方々が上手く運べるように教えてくださり、とてもスムーズに運べました。

 

試合場

 完成した試合場です。見ているだけで緊張感を感じました。初めて見る試合場でしたがとても格好いいなと思いました。

 

 時間はとてもかかりましたが、皆で協力して声を掛け合い、素晴らしい会場ができあがりました。

 

体育指導員 木村 優介


2018.05.17
このボタンを押すとページトップにスクロールします