本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

  • 平成30年度「おうちDE介護」にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

今年度も「おうちDE介護」と題して、在宅で介護をされている方、これから介護をされる方など地域の方に向けて、負担の少ない最新の介助技術を実践を交えながら学んでいただく介護講座を開講しました。

 

今年度は基本編と応用編の二部構成で、「食事と口腔ケア」、「移動・移乗・衣服の着脱」、「排泄ケア」の3つをテーマに基礎的な知識から実践的な介護技術まで受講される方が自分に合った講座を選んでいただけるようにしたところ、全6講座で72名もの方にご参加いただきました。

 

講師は昨年度に引き続きケア・オブ・クローバー株式会社 代表取締役 中村 真理氏をお招きし、実践的な介護技術を学ぶとともに、介護に対する姿勢や最新の介護機器までご紹介いただき、大変充実した講義内容となりました。

 

(飲み込みやすい食事介助の解説)

 

(ベッド上で起き上がり介助の演習)

 

(立った状態でのオムツ着用の解説)

 

ご参加いただいた方からは「今まで間違った介護をしていたけれど、ここに来て体に負担の少ない正しい介護が学べてよかった」や「実際に体験してみて、介護される側の気持ちが分かり、大変勉強になった」という言葉をいただきました。

 

また今年度は法人事務局の私、西川がアシスタント講師を務めさせていただきました。

 

介護の知識や技術においては、現場で培ってきたものがあるので、自信があったのですが、いざ受講者の方に伝えるとなると配付する資料の文言であったり、話す言葉一つとっても、様々なところに工夫が必要であり、伝える難しさを痛感しました。

 

しかし、このような機会をいただけたことは私にとって、大変貴重な経験となりました。

 

これからも地域で介護をされる方にとって、少しでも負担の少ない介護を伝えていけるよう来年度以降も継続して「おうちDE介護」を開催していきたいと思います。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

 

                                 (法人事務局 事業・企画課 西川 佑樹)

 

 

 


2019.01.8
このボタンを押すとページトップにスクロールします