本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

まだまだ暑さが残る日々が続いていますが暦の上では9月13日(金)は、十五夜(仲秋の名月)です。
旧暦の8月15日の夜のことを「十五夜」と呼び、特にこの時期は月がきれいに見えることから、お月見をするようになったそうです。

すすき、りんどう、菊、オンシジウム等の生花をいけ、お月見団子をお供えしました。
今日は、きれいなお月さまが見られるでしょうか?


2019.09.13
このボタンを押すとページトップにスクロールします