本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

内定者のみなさんに働くイメージを持ってもらうため、施設で働く先輩職員はどういう働き方をしていて、どういう気持ちで仕事をしているのかを知っていただこうと「施設見学ツアー」を企画しました。

 

11月には南部地域の施設、心身障害者福祉センター・洛南寮・こども発達支援センターを見学。そして1月は市内の施設、桃山学園・東山母子生活支援施設・視力障害者福祉センターを見学しました。

 

桃山学園での見学の様子)

 

(こども発達支援センターでの見学の様子)

 

 

(視力障害者福祉センターでの見学の様子)

 

施設紹介を担当するのは各施設の広報部隊として就職フェアや大学の講義等で事業団の良さを発信している広報委員と若手職員!

 

日頃から就職フェアなどで魅力を発信しているため、分かりやすい説明で自施設の魅力ややりがいを十分に伝えてくれました。

 

参加した内定者からは「どの施設に見学に行っても職員さんが活き活きとして働かれていて、どの施設に配属になってもがんばろうと思った」、「施設の種別によって利用者さんも異なり、対応方法への工夫が全然違うことを知れてよかった」など嬉しい言葉が聞けました。

 

内定者のみなさんが入職するまであと3ヶ月を切りましたが、入職した時に少しでも不安がないように引き続きサポートしていきたいと思います。

 

                                         (法人事務局 事業・企画課 西川)


2020.01.17
このボタンを押すとページトップにスクロールします