本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

       2月ももう終わりに近づいてきました。今年の冬は暖かいので、時々寒い日があると身に染みてしまいますね。

 2月初め、放課後等デイサービスの活動で、節分の鬼のお面を作りました。どんな鬼を作ろうかと考えるときは、「めっちゃこわいのを作ろう!」と張り切る様子や、「こわくない鬼にしよう!」とそれぞれのイメージがある様子。下書きの段階では、鬼のからだも描いているこどももいましたよ。

 製作中は、「何色にしようかな」「ちょっと見て~!」など会話しながら友達と見せ合ったりするのも楽しそうです。それぞれが自由に作り上げていました。お面に仕上げるために輪ゴムを使うときは、「こうしたら耳が痛くならないよ」と提案してくれるお友達がいて、その方法でみんなも仕上げました。

 出来上がったお面をつけてみると、友達に近づいて「ウォォ~!」と。やっぱりこわがってもらうのが楽しいようでした!


2020.02.25
このボタンを押すとページトップにスクロールします