本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

新型コロナウイルス感染症患者の治療のため,防護服が著しく不足している病院を応援するため,手の空いた職員がボランティアで手作りの防護服を制作し,2回にわけて関連の病院に送付しました.まだまだ,新型コロナウイルス感染症は終息の兆しが見えていません.

当院では,徹底した感染症予防策を講じていますが,油断出来ない状況が続いています.一人一人の職員が自覚を持って,患者さんや,入所者さん,さらには自分自身や家族を守るため,この疾患に立ち向かっています.

 


2020.04.30
このボタンを押すとページトップにスクロールします