本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

 視力障害者福祉センターでは、毎年、夏と秋の2回、利用を希望される方を対象にした体験見学会を開催しています。

 今年も10月13日(火)に秋の体験見学会を行いました。爽やかな秋晴れの中、利用希望者9名、付き添いの方7名が参加してくださいました。
 中には海外出身の方もいらっしゃって、コミュニケーションの心配をしつつも張り切って対応させていただきました。

体験見学会2015看板

 まず、施設紹介のコーナーでは、センターのサポート内容・入所試験や授業内容・経費・卒業後の就職状況などについて説明させていただきました。質疑応答では、より具体的な内容に踏む込む質問もあり、皆さんが熱心に聞いてくださっているのを実感することができました。
 また、卒業生の方からは、視力センターに入所を決めるまでの苦悩や、センターで過ごした3年間の思い出、再び社会人として働く喜びなどについてお話いただきました。これは普段の施設見学では聞けない貴重なコーナーです。今回は今年の3月に卒業された方のお話で、より身近に感じていただけたのではないかと思います。

 

 その後、センターの人気メニューの昼食を召し上がっていただき、午後からは体験コーナーです。

昼食体験 メニューはハンバーグ

 あんまの体験コーナーでは、叩打法(たたく手技)を一緒に練習していただきました。比較的すぐに出来るものから難しいものまで、様々な方法があることに驚かれていましたが、皆さん笑顔で取り組んでおられました。

あん摩体験の様子

 はりの体験コーナーでは、シリコンの台に鍼(はり)を刺す練習をしていただきました。髪の毛ほどの鍼の細さに驚かれたり、鍼を刺す難しさや面白さを感じていただけたのではないかと思います。
 中には恐いと思われた方もいらっしゃったかもしれませんが、技術習得への意欲をかきたてる内容になっていましたら嬉しいです。

 はり体験の様子

 また、パソコンの画面読み上げソフトやDAISY録音再生機器の紹介コーナーでは、学習への利用方法について、積極的に質問してくださる方が多くおられ、予定の時間を超えて熱心に見学していただきました。

パソコン読み上げソフト体験の様子

 視力センターに興味を持ってくださった皆さん、ご参加、本当にありがとうございました。「ここで資格取得を目指してみよう!」と思っていただける機会になりましたでしょうか。
 来年度の利用申請は現在受付中(11月末日まで)です。再度お会いできますことを職員一同楽しみにしております。

 今年度の体験見学会はこれで終了ですが、来年度もまた、夏と秋に開催する予定です。
 なお、施設見学は随時お受けしております。視覚障害のある方であんま、はりに興味をお持ちの方は、ぜひセンターまでご連絡くださいませ。


2015.10.19
このボタンを押すとページトップにスクロールします