本文へジャンプ

ここから本文です

心身障害者福祉センター
  • 整形外科・リハビリテーション科

    担当医師:徳永大作、森原徹、谷口大吾、伊藤倫之
    急性期・回復期の運動器疾患リハビリテーションおよび手術療法も含めた運動器疾患の治療を行っています。手術からリハビリテーションまでが同一の医師により行われます。運動器疾患は脊椎損傷、体幹・上下肢骨折、関節疾患などを中心に行っています。
    担当医によるの診察の模様です
  • 神経内科・精神科

    担当医師:吉井崇喜、藤澤なすか
    心療内科的治療および脳血管疾患リハビリテーションの治療を行っています。脳血管疾患は脳卒中、多発性神経炎、パーキンソン病などが中心でリハビリテーションを行っています。
    担当医が患者さんに検査結果を説明している画像です
  • 神経内科(高次機能障害 専門外来)

    担当医師:小泉英貴
    神経内科で急性期を脱した脳血管障害(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)やパーキンソン病などその他神経内科疾患のリハビリテーションを行っています。
    高次脳機能障害専門外来は、脳血管障害・頭部外傷・脳炎・脳腫瘍などの後遺症として高次脳機能障害のある方を対象とし、リハビリテーションを含めた治療を行っています。
    また、ボツリヌス治療外来(月曜日の午後)は脳血管障害の後遺症である上肢・下肢痙縮、片側顔面けいれん、眼瞼痙攣、痙性斜頸を対象にボツリヌス治療を行っています。

    詳しくはこちら >>

  • 歯科診療

    担当医師:足立哲也
    歯や口の健康を維持向上するため、ケアや予防に重点をおいた歯科医療を提供しています。
    一般の患者様も含め、心身に障害がある方も受診可能です。発達障害者(児)に対しては、歯科診療に慣れるまでの信頼関係作りを大切にしています。
    また、なるべく診療時間を長くとれるよう、予約制で行っています。設備は、診療台が1台で、車椅子の対応が可能となっています。
    次頁へ
  • 理学療法(PT)

    理学療法は、病気や外傷によって生じた様々な障害を回復するために、運動療法や温熱、牽引、電気治療などの機器を用いた物理療法などを行う療法です。
    この部門では、筋力増強や歩行訓練、日常生活に必要な起居動作訓練、手足の拘縮予防の関節運動、麻酔回復の治療体操により、一日も早い日常生活への復帰のための訓練を行います。
    スタッフがバランスボールを用いて患者さんの治療をサポートしている画像です
  • 作業療法(OT)

    作業療法は、暮らしの中の様々な活動(食事・トイレ動作などの日常生活動作、家事、仕事、遊びなど)を治療手段として用いて、自分にあった生活を組み立てるために、心と体のリハビリテーションを行います。高次脳機能障害の方への職場復帰、社会復帰の為の援助・訓練を行います。
    また、家屋改造や福祉機器導入の助言・提言なども行います。
    当施設スタッフが専用トレーニング器具を用いて患者さんを笑顔で訓練しています。
  • 言語聴覚療法(ST)

    言語聴覚療法は、日常生活に欠かせない“聴く”“話す”“読む”“書く”といった言語に関する障害に対して、コミュニケーション能力の向上を目指して訓練を行います。
    スタッフが言語聴覚治療の専用シートを使い患者さんに笑顔で言語訓練をほどこしています
ウィンドウを閉じます

このボタンをページトップにスクロールします