本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

先輩スタッフにインタビュー

  • voice
  • このページです
  • スタッフにインタビュー2ページ目へ
  • 先輩スタッフにインタビュー3ページ目へ
  • 先輩スタッフにインタビュー4ページ目へ

生活支援員 おおのゆきこさん らくなん寮 養護老人ホーム  勤務 平成6年度採用

職員として母として、利用者の方が一日一日を快適に過ごせるよう精一杯お手伝いしたい

Q1.普段どんな仕事をされていますか?

利用者様の生活全般をお手伝いしています。
現在勤務している養護老人ホームは65才以上の方が入所される施設ですが、食事や排泄、入浴の介助等、80代〜90代の年齢層の方が多いこともあって、半数以上の方が何かしらの介助を必要とされます。

Q2.この仕事を続けてきてよかったなと思うことは?

体をうまく動かせなくなられた利用者様に、工夫をして介助することで食事がスムーズにできるようになったり元気な表情になってこられたのを見たときには、「ああ よかった」という気持ちになります。うれしい瞬間です!

Q3.仕事と家庭の両立が大変ではないですか?

事業団に勤めて20年あまり、これまで出産と育児を経験しましたが職場のみなさんが協力的で家族の支えと共にここまできた…という感じであっという間でしたよ(笑)
仕事を終えて帰宅すると、たちまち家事モードに切替えねばならず、逆にそれに救われてたのだなと今では思います。

Q4.これから先、やってみたいことはありますか?

働く女性としてこれからもチャレンジしていきたいですし、洛南寮で言えば、もっと地域の皆さんに喜んでもらえるようなサービスを広げていきたいですね。
事業団では資格取得をサポートする制度もありますから、安心して応募してください。
メモ

生活支援員の仕事

障害者支援施設や養護老人ホーム、救護施設において、食事介助・入浴介助・排泄介助など利用者さまの生活全般の支援をおこないます。

当法人では配属される施設によって職名が変わるため、生活支援員、保育士、児童支援員、母子支援員、少年支援員の仕事を「支援員」として募集をかけています。

リクルート

各施設の広報委員(広報を目的に施設から選出された若手職員)が自施設の利用者様や働く職員にスポットを当てて、少しでも施設の様子を伝えたい!という思いから動画を作成しました!
是非ご覧下さい♪

  • 心身障害者福祉センター
    障害者支援施設

  • 洛南寮 救護施設

  • 東山母子生活支援施設

  • 視力障害者福祉センター

  • 桃山学園 障害児入所施設

  • こども発達支援センター

  • 法人事務局

このボタンを押すとページトップにスクロールします