本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

保育士 えんどう ともきさん 桃山学園 障害児入所施設  勤務 平成23年度採用

新人の心を忘れずに、あらゆる刺激をスポンジのように吸い込むつもりです!

Q1.働く前と後とでギャップを感じることはありましたか?

幼・保育園コースで学んでの就職でしたから、児童を対象とした職場という点で言えばギャップはありませんでした。ただ、希望としていたのは児童養護施設だったので障害児対象の施設勤務ということに戸惑いはありましたが、新たな分野で学べることも多いのでとてもやりがいがあるなと感じます。

Q2.事業団で働いてみての感想は?

様々な種別の施設があり、どこに配属されるかわからないことを不安に思う人もいるかもしれませんが、他施設の業務を体験したり、職員間の交流の場もあって配属先以外の施設のことを知ることもでき視野を広く持てるなと感じます。他の施設に異動しても、また新しい経験ができるしチャレンジしていきたいと思います。

Q3.自分が成長したなと感じることはありますか?

生活施設であり、日々の暮らしの中に成長の変化を感じるものだから、支援したことが目に見える効果としてあらわれません。焦らず、ゆっくりと丁寧に関わろうと思えるようになりました。 以前なら、注意すべき!という場面の空気で動いていたこともありますが、今は自分が児童に必要だと思うタイミングで注意することが少しは!できるようになったのではと思います。でも、まだまだ難しいです…(汗)
メモ

保育士の仕事

知的障害児施設
児童への起床・洗面・食事・排泄・登校・入浴・活動・洗濯等の生活支援を行います。
児童養護施設
掃除・洗濯・料理といった家事全般をはじめ、一緒に遊んだり、勉強を教えたりと、生活を通じて、子どもたちに寄り添い、自立に向けて支援します。
児童発達支援
センター
就学前の知的障害児・肢体不自由児・重症心身障害児通園施設での保育業務や保護者支援を行います。
このボタンを押すとページトップにスクロールします