8月11日、きみどり組でなつまつりを開催しました!

地域や園で毎年行われているまつりやイベントがコロナの影響で中止になり、今年は楽しめる行事が次々となくなったので、せめてきみどり組で「なにかできないかな?」と考えて、きみどり組の保育時間に”なつまつり”を実施しました!

活動時間は、密にならないように、空間を広くとる工夫をし、子ども達はお母さんやお父さんと一緒になつまつりを楽しみました。

ブログを見てくださってる方に「雰囲気が伝わるかな~」となつまつりの楽しそうな様子を写真におさめたので、見てください♪

 

まずは、屋台の焼きそば!

鉄板の上で、紙の麺、キャベツ、ニンジン、豚肉をうちわのヘラで炒めたよ♪

次はたこ焼き!本格的にたこやき器で焼いてみました♪

 

きみどり組のなつまつりでは”自分で作る”というセルフサービスでの販売となりました。

 

次は遊びのコーナーの紹介です。

まずは輪投げ!棒にめがけて、両手で投げたり、片手で投げたり工夫しながら楽しみました。

ヨーヨーつり、さかなつりのコーナーもあったよ😊

水に浮かぶ輪っかをフックで引っ掛けて取るヨーヨーつりと、マグネットの釣り竿で、くっつけて釣りあげるさかなつり。

どちらも、目と手を協調させながらの動きなので、なかなか難しいけれど、みんな慎重に、ゆっくりとヨーヨーやさかなを吊り上げました!

 

みんなスタンプカードを片手に、全コーナーを制覇して、まだ時間があるお友だちは、繰り返し好きなコーナーに行って遊んでました。

密にならないようにするためにスペースを確保する必要があったので、コーナーも少なく、時間も短かったかもしれませんが、子ども達の楽しそうな笑顔がたくさん見れました。

 

コロナ禍の保育でできることも制限されていますが、その中でも工夫して、子ども達の笑顔がたくさん見れるようにしていきたいなと思っています。

 

きみどり組担任(立山・奥村・柿内)

ブログトップに戻る