3月23日、きみどり組の保育最後の日。この日はきみどり組で、今までやってきた遊びをお母さんも一緒に楽しみました。

「リレー」や「どんじゃんけん」、「フルーツバスケット」など、ルールのある遊びを楽しめるようになったきみどり組の子ども達。この日は子ども達から、「おかあさんも!」と誘い掛け、お母さんと一緒に楽しむことが出来ました。

 

どの遊びも繰り返し遊ぶ中で、ルールがわかって、楽しめるようになりました。最初は「ルールが難しいな。。。」「待つ時間が長くて退屈。。。」と感じていた遊びも、何度も何度もする中で、「友だちと一緒にするって楽しい」と感じられるようになりました。同じ遊びを繰り返すことの大切さを、きみどり組の子ども達に、実感させてもらいました!

 

 

 

下の写真は子ども達が自分たちで貼ったり、塗ったりして作った「自分自身」。可愛く出来上がってるでしょ😊

これを使って「きみどり組の春・夏・秋・冬・1年の思い出」のペープサートをしました。自分の作った人形がでてくると、「あれ、〇〇が作ったやつ」と言いながら、みんな笑顔で見ていましたよ♪

 

 

最後は、子ども達一人一人に、「1年間よく頑張ったね」の言葉と共に、”頑張ったメダル”をプレゼントしました。

 

~きみどり組のお友だちへ~

この1年間、いろんな遊びを通して、好きなこと、できることが増えたね。

みんなは、難しいなと思うことも、繰り返しチャレンジして、あきらめずに頑張る力がつきました。「できるようになること」だけでなく、「がんばること」の大切さを、遊びの中で知っていったね。

友だちと楽しく遊ぶ経験もいっぱいしたね。「友だちと一緒のことがしたい」「友だちがしてるからやってみよう」という姿も多くみられるようになりました。

1年間よく頑張りました。これからも、きみどり組で経験したこと、身につけたことを活かしながら、頑張ってくださいね。ずっと応援しています。

~きみどり組の保護者の皆さまへ~

1年間、きみどり組の保育にご協力いただき、ありがとうございました。子ども達は新しいクラスで、最初は戸惑うこともあったと思いますが、去年の春先の姿と比べると、すごく成長した姿を見せてくれました。

子ども達が目に見えて成長していく姿、友だちと楽しそうに遊ぶ姿を見ることができて、職員としてもうれしい気持ちでいっぱいです。

担任はじめ、子どもたちのことを温かく見守り、ご支援いただきましたことを感謝したします。

1年間、ありがとうございました。

 

 

きみどり組担任(立山・奥村・柿内)

施設からのお知らせトップに戻る