きらきら組では、1年間色々な活動を行ってきました。

コロナ禍の中、保護者の皆様には感染対策のご協力をしていただきありがとうございました。

1年を振り返ると、春先は中々お友だちと一緒に活動を楽しむ事が出来ずに、

“お友だちと早く一緒に遊びたい”気持ちが募る日々でした。

お友だちと一緒に活動出来た時は、ニコニコと表情がほころんでいたり、

少し緊張した様子の子どもたち等様々な姿を見せてくれました。

春先に、菜園で大葉とミントを植えていたので、活動の合間に少しずつ香りを

楽しんだり、顔の近くに大葉やミントを持ってくると、その匂いにびっくりしながらも、何回も収穫しました。

 

夏の活動では、コロナ感染症予防対策の為、大きいプールに入る事が

出来ませんでしたが、水遊びや小さいプールに入ったり、足湯で

マッサージをしながら、足の指先や土踏まず付近、かかと等「どのあたりが辺りが

気持ち良いですか」等話をしてゆったりと楽しみました。

足のマッサージも一緒に行うと気持ちよさそうにする子どもたちの姿が印象的で、

“リラクゼーション きらきら”等と「好きなコースはありますか」

「お湯の暖かさは丁度いいですか」等話ながらマッサージする事を楽しみました。

 

秋には、“きらきら秋祭り”と題して、色々なコーナー(魚釣り・モグラたたきゲーム・

プラ板等)で遊びました。

自分がやってみたいコーナーを選ぶ子どもや、1回経験してみると、

楽しくなってもう一回やってみようとする子ども達もいました。

すてっぷまつり行事が中止になったことは残念でしたが、その分クラスで

“きらきらまつり”を楽しむ事が出来てよかったです。

 

冬は、初詣遊びを実施しました。

おみくじも保護者の方と子ども達それぞれ引いて、絵馬にもそれぞれ

2021年の思いや願い書いていただいき、保育室の壁面に貼り、

“良い1年になりますように”と皆で楽しむ事が出来ました。

その他、園庭での台車遊び、室内での大きな滑り台、製作遊び等

色んな活動をみんなで楽しんできた思い出がいっぱいです。

 

4月からは新しいお友だちや先生との出会いが待っていますね。

“楽しい”“もっとやってみたい”と感じて、色々な事に沢山挑戦できる

1年にしてほしいと思っています。

1年間本当にありがとうございました。

《担任:浅井・南》

 

 

 

施設からのお知らせトップに戻る