この4月より、青木副所長(施設長)の後任として施設長となりました清水です。

施設において4月は年度の始まりであり、前年度のまとめの時期でもあります。一年を振り返って、あらためて新型コロナ一色の一年でした。

新型コロナにつきましては、三度目の緊急事態宣言の発令となっています。先行きは不透明であり、不安もありますが、これまでやってきたことを継続し、安全、安心な生活を守っていく気持ちを新たにしています。

さて、今年度より施設エリアの職員室内に〔施設長室〕を設けていただきました。これまでは、センターの副所長が施設長を兼務されていたので、施設長室は本館管理棟の1階にあり、施設からは遠いところにありました。これからは施設内の地続きのところに部屋がありますので、利用者さんやご家族の皆さんのお声を聞かせていただく窓口が増えたと期待しております。楽しいお話がいいのですが、ヒソヒソ話でも、施設に対する苦情、要望でも、施設長室に届けてください。

令和3年のまとめの時期には、こんなことも出来たなと振り返られるような一年としたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ブログトップに戻る