2021年8月21日、京都府主催で令和3年度京都府高次脳機能障害医療関係者等研修会がオンライン開催され、花園大学の小海先生と共に、当院の公認心理師である村友も講演を行いました。

 

【講演内容】
1.「WAISーⅣ概論~脳の働きはWAIS-Ⅳにどのように反映されるか~」
花園大学 社会福祉学部 臨床心理学科 教授:小海宏之 氏

2.「WAIS-Ⅳから見立てる高次脳機能障害~実際の事例を元に~」
京都府立心身障害者福祉センター附属リハビリテーション病院
公認心理師:村友仁志 氏

 

本研修は医師、作業療法士、言語聴覚士、心理士、教員や看護師、相談員など80名を超える申し込みがあり、当日はWAIS-Ⅳ(知能検査)と脳機能の関連についての講演や、匿名性を守った形での事例検討が行われました。

今回の研修から学びを深め、専門性の向上に努めて、また日々の業務に活かしていきたいと感じております。

 

施設からのお知らせトップに戻る