今回は当院の特徴である、外来リハビリでの多職種連携を紹介します!

 

隣接する京都府家庭支援総合支援センター城陽相談室にて義肢装具適合判定医により義足の選定とチェックがなされ、当院にて理学療法士による運動療法と歩行訓練及び、洛北義肢の義肢装具士による義足調整が行われています。

写真に写られている患者様は約1年間の外来リハビリで本義足を使い綺麗に歩くとことができるようになりました。

また、階段を降りる時のイールディングができるようになったと喜んで下さってます!

 

このように当院では、医師・理学療法士・義肢装具士によるトータルアプローチにて義足患者様の支援を行っています。

 

施設からのお知らせトップに戻る