ジメジメした梅雨も明けて、すっきりとした晴れの日が続いていますね!

6月末のお天気が良い日に、あお組のみんなでカブを収穫しました! 今回はその時の様子をお伝えします。

 

 

あお組のみんなは絵本の時間が大好き♡

 

絵本の時間は座ってお話を楽しむことができるようになってきました。

6月は”おおきなかぶ”の絵本を繰り返し読んでいて、お母さんと一緒に「うんとこしょ どっこいしょ」と身振りをまじえながら楽しんでいました。

みんなで一緒に楽しく読むことを繰り返していくうちに…

みんなで抜いたカブを「パックン。美味しい!」と食べてみたり、おじいさんと一緒に「おーい!」とおばあさんを呼んでみたり、「なかなか抜けなくて…残念!」とガックリしてみたり…

どんどん絵本の場面1つ1つを楽しめるようになっていきました。

 

 

絵本でたくさんカブを引っ張る練習をしてきたあお組さん。

ついにあお組の畑で育てていたカブを抜く日がやってきました。

みんなに絵本との繋がりに気づいてほしくて作った”おおきなかぶ人形”。

まずは人形のおじいさんたちにカブを引っ張る見本を見せてもらってから、あお組のみんなも挑戦!!

見本を興味津々に見ていた子ども達。

お母さんと一緒に「うんとこしょ どっこいしょ」と掛け声を出しながら引っ張ったり、抜いた後に「大きなかぶ!」と言って喜んでくれたりと、絵本と繋がりを持ってカブの収穫に参加してくれました🎵

絵本の世界が広がったようで、職員はとっても嬉しく感じながら見ていました♡

 

 

お家の人に「僕、大きなカブ抜いてきたよ」とお母さんと一緒に報告してくれていたらいいなあと思います☺

 

 

あお組の畑では、さつまいもも育てています。

春頃植えたお芋の苗…ひょろっとしていて頼りない感じだったのですが、

(5月初旬頃)

今はこんなにぐんぐん伸びて成長しましたよ!

(6月末)

秋頃の収穫に向けて、またみんなで水やりをして大切に育てていこうね!

そして、またみんなで楽しく収穫しようね!

 

担当(高井 中西)

 

 

施設からのお知らせトップに戻る