本文へジャンプ

京都府社会福祉事業団ロゴ

文字サイズ変更

ページ全体を白黒表示に変更します

白黒表示

PC Talker

PC-Talker

京都府社会福祉事業団ロゴ

ページ全体の彩度を変更します。
お問い合わせ
  1. COLUMN
コラム

COLUMN

京都府社会福祉事業団が発信する特集コラム

職員の声を形に 「京都府福祉職場 組織活性化プログラム」

「京都府福祉職場 組織活性化プログラム」とは、京都府が取り組んでいるプログラムの 1 つであり、ウェブ上のアンケートを用いて、職員の職場や仕事に対する思いを見える化(数 値化)し、その結果を法人全体で職場改善、活性化につなげるものです。当法人では、平成 29 度から取り組み、毎年、職員の声をきいた分析結果を事業計画に反映させています。
今年度で、4 年目を迎えましたので、4 年間の推移をもとに分析した内容をご紹介します。

 

 

【4 年間の変化】(平成 29 年度~令和 2 年度推移)
■プラスになった項目
1位 入社後、すみやかに仕事に慣れるよう研修指導が受けられた +0.48
2位 職場は有給休暇が取りやすい +0.35
3位 職場の中で、新人や後輩を育成する仕組みは十分に機能している +0.33
(考察) 新採職員への研修体制強化、有給休暇取得促進への取組みにより改善傾向

 

■わずかにマイナスとなった項目
1位 法人の給与決定の方法に納得している ▲0.17
2位 法人は、地域の課題、ニーズに対して積極的に対応している ▲0.06
3位 法人は、計画的に研修の機会を提供している ▲0.04
(考察) 働き方改革を踏まえて実施した給与制度の見直し内容の職員への周知・地域の課題への対 応が不十分

 

(今後の取組み)
・給与制度等に関する分かりやすい資料作成
・地域における課題やニーズへの積極的な取組み
・オンライン研修や動画研修の活用
満足度の低い項目については、中期運営計画や事業計画に反映し、引き続き、本プログラム を活用しながら職員の皆さんにとって働きやすい職場環境づくりに努めます。

前の記事へ ×