本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

先日、内定者懇談会を開催したところではありますが、秋には法人内でも行事が多いことから、内定者の皆さんにも施設の行事にスタッフとして参加していただき、職場の様子を体験する中で知っていただこうと企画しました。

 

それぞれ参加された行事を内定者の方の声とともにご紹介したいと思います(^o^)/

 

まず初めは、10月19日に開催した心身障害者福祉センター「あしはらフェスタ」

 

あしはらフェスタでは、日々利用者様が取り組まれている日中活動(製作や合唱)の発表の場でもあり、地域交流を目的としたお祭りです。内定者の方には、利用者様の付き添いをしてもらい、一緒にステージ発表に参加したり、食事するなどで一日を過ごしていただきました。終了後には、「利用者様にも職員の方にも良くしてもらい、よかった」という声が聞けました。

 

(あしはらフェスタの様子)

 

次に10月26日に開催したこども発達支援センター「すてっぷまつり」

 

すてっぷまつりでは、日々、親子通園されている利用者様等にお越しいただき、体験保育やゲームコーナーなど楽しまれる行事でして、内定者の方にも体験保育等のブースに入ってもらい、子どもたちの遊びのサポートを行っていただきました。まつりの最中に「とてもにぎやかな雰囲気の施設で、職員の方が優しかった」とお話をされていました。

 

(すてっぷまつりの様子)

 

最後は、11月3日に開催した桃山学園「桃山学園祭」

 

桃山学園祭では、利用している児童、保護者の方、関係機関の方々を始め、地域の方々や退園した子どもたちが里帰りのように参加される大きなお祭りです。子ども達や職員もお祭りに向けて、ダンスや歌などを練習して、発表します。内定者の方には、出店している店舗でわたあめや食事を提供するスタッフとして参加してもらい、「これだけ多くの方が参加され、利用しているこどもたちの発表も活き活きしていて、とても楽しかった」との声がありました。

 

(桃山学園祭の様子)

 

内定者の皆さん、お疲れ様でした。

これからも入職までの5ヶ月間、安心して入職できるよう様々な企画をして、サポートしていきたいと思います。

 

                                    (法人事務局 事業・企画課 西川)


2019.11.26
このボタンを押すとページトップにスクロールします