本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

10月17日(土)に体験見学会2020を開催しました。

 

例年夏と秋の2回行っているのですが、新型コロナウイルスの影響で夏は実施できませんでした。
今回も直前まで実施できるかどうか不安でしたが、検温や消毒、机の配置などできる限りの感染防止対策を講じ、なんとか実施にこぎ着けることができました。

 

当日はあいにくの雨で気温も低かったのですが、どなたもキャンセルされることなく、付き添いの方を含め12名のご参加をいただきました。

 

まず、副所長の挨拶から始まり、当センターの紹介をさせていただきました。
そして、2019年の卒業生に来ていただき、センターに入るまでの気持ち、入所してからの生活、卒業してからの仕事等をいろいろな角度から自分の体験のこもった言葉でお話しいただきました。

写真1 施設紹介

 

次に、昼食ではトンカツを召し上がっていただきました。
例年ですと見学者同士の交流の場でもあったはずなのですが、今回は距離を開けてお座りいただきましたので、そのようなことが難しかっただろうと思います。せっかくなのに申し訳ありませんでした。

写真2 昼食

お昼からの体験コーナーでは、はり体験、あん摩体験、パソコン・録音機器・拡大読書器などをグループごとに回っていただきました。
どのコーナーでも興味を持って聞いてくださいますので、私たちもつい力が入り、少し時間が押し気味でした。

写真3 はり体験写真4 あん摩体験

写真5 パソコン 写真6 録音機器

写真7 拡大読書器

 

個別相談では、初対面の私たちを信頼し、質問だけでなく、ご自身の状況をいろいろとお話しくださいました。
ソーシャルディスタンスやフェイスシールドを超えて、心の距離の近さを感じた時間でした。

 

ご参加くださった皆さん、いかがでしたでしょうか?

 

12月16日の入所試験でまたお会いできるとうれしいですが、別の道を選ばれた方にとりましても、見学会がなにかの転換点としてお役に立てればそれもうれしく思います。

 

ご参加どうもありがとうございました。

(泥(なずみ))


2020.10.20
このボタンを押すとページトップにスクロールします