本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

地域の保育園・幼稚園の先生方と通園部門の職員との

交流を目的とした、30年度2回目の『すてっぷ交流会』を

去る平成30年12月16日日曜日に開催しました。

今回は長岡京市、宇治市、八幡市の3市から、

14名の方が参加してくださいました。

 

 

今回は『視覚支援について~センターでの取り組み~』として、

言葉を育む為に必要なことや視覚支援を行うことでのメリット、

絵カードの具体的な活用方法等の話をさせて頂きました。

その後グループに分かれて、意見交換会を行いました。

日々感じていることや、困っている事、うまくいった例やアイデアを

出し合ったりして、明日の保育に繋げられる情報交換ができました。

今回は、通園の専従として一緒に保育を行っている、センターの

言語聴覚士からの具体的な話もあり、また、時間のある方は

個人的に悩みの相談もして頂けました。

 

 

スライドを使っての説明では

「テーマが絞ってあり、内容もわかりやすかった」

「明日からの保育で使いたい」「写真、実物を見れてよかった」等の

感想を頂くことができました。また、交流会では、

「“あるある”話や悩みなどが共有できて良かった」

「アドバイスをもらえて参考になった」「雰囲気もよく話しやすかった」

と概ね好評で、「時間があっと言う間だった」という声もあり、

短い時間ではありましたが、充実した時間を送ることが出来ました。

 

 

「また来たい」「案内の通知を園にも送って欲しい」等の

お言葉も頂くことができ、嬉しく思っています。

参加して下さった皆さん、ありがとうございました。

次年度も開催したいと思っております。

皆さまのご参加、お待ちしています。

                       (保育士 中西)

 

 


2019.01.4
このボタンを押すとページトップにスクロールします