本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

元号が平成から令和にかわる頃、亀吉は隣にあるリハビリテーション病院の廊下で保護された。

当初は職員室にある汚いバケツだった住環境も明るい水槽となったのはいいが、恥ずかしがり屋の亀吉は見られるのが嫌なようで、目が合うとそっぽを向く。

最近はエサもよく食べ旺盛な食欲をみせる。

「ミドリガメも大きくなりますよ…」という情報も聞く。亀吉の将来を皆で思案している。

                                                                                      支援課 清水 努

 

 

 

 

 

 

 


2019.09.11
このボタンを押すとページトップにスクロールします