本文へジャンプ

slide menu button

ここから本文です

7月8月の期間に、全通園児の保護者を対象にした

「支援ファイルを書いてみましょう!」という内容の保護者支援を行いました。

 

 

支援ファイルは、お子さんの乳幼児期からの生活、医療、福祉等に関する情報を記録していくものです。お子さんの成長に合わせて大人になっても記入する項目があります。成長に伴い相談する時や支援を利用する時等、情報を共有する時に役立ちます。

 

支援ファイルは京都府のホームページよりダウンロードできます。各市町村で紹介されている場合もあります。また、医療的な記録が出来るケアリングファイル(山城北保健所)を活用されている方もおられます。

保護者の方々に支援ファイルの記入をすすめてきましたが、日々お忙しくされていることもあり、なかなか記入に至りにくい現状を耳にしていました。そこで、今回は実際に記入し、引き続き記入していただけるようなきっかけ作りとして、このような保護者支援を企画しました。

 

支援ファイルを実際に記入する中で、分からないところを職員に聞いたり、お子さんのことを客観的に振り返ってもらえる機会になりました。母子手帳やスマホの写真を見ながら、お子さんがいつ何が出来るようになったかを調べたりしながら、熱心に記入していただきました。

 

参加された保護者の方からは、

・最近記入できていなかったので、最近の子どものことを書くことが出来た。

・支援ファイルは持っていたが、なかなか書けなかったので、書く時間が持てて良かった。

・実際に書くとなると、どう書いたらいいのか悩んだが、少し書けたので、続きは家で書こうと思う。

・ケアリングファイルでは、手書きではなくCD-ROMに入力していきたいと思った。

等の感想が聞かれました。

 

今後、サービスを利用する時や就園・就学をむかえる時に、支援ファイルに記入してきた記録を見返しながら、お子さんのことをお伝えしていただき、新しい環境でも継続した支援を受けていけるように、活用してもらえればと思います。

保育士: 井上 高井

 


2020.09.14
このボタンを押すとページトップにスクロールします