先日、認知症についての所内研修を行いました。

 

講師には、いつも寮内診でお世話になっている 医療法人社団 貴正会 村上内科医院 の村上正志先生をお招きし、認知症の種類や治療方法、また、認知症と「せん妄」との違いについてを学びました。

せん妄とは、脱水やストレス、感染症、血圧低下等の原因によって、妄想、不穏、興奮、幻視など認知症に似た症状が引き起こることです。

 

認知症だと捉えられがちなそれらの症状も、実は「せん妄」が原因で一時的に起こっているというケースもあるそうです。

 

この違いは、専門家でも判断が難しいとのことです。

 

発症の仕方も治療方法も千差万別ですが、認知症もせん妄も、その人に合った治療を行うことが大切とのこと。

 

利用者様それぞれの特徴をしっかりと理解して、よりその方に合った支援を行っていきたいと改めて感じました。

 

 

 (養護老人ホーム 堀本)

施設からのお知らせトップに戻る