10月22日、宇治武田病院で行われた第16回京都南部整形外科病診連携の会で、当院整形外科の今井 寛先生が、基調講演を行いました。

リハビリテーションに必要な義肢・装具療法について、装具の種類、選択から、行政の関わりを含め解説され、参加された先生方からは、「なかなか教育の行き届いていない範疇の内容で、大変ためになった」という声が多く聞かれました。

施設からのお知らせトップに戻る