11月4日(金)

視力センターでは、毎年11月に地域の皆様へ日ごろの感謝をこめて、無料であんまを行う「あんま奉仕」を開催しています。

初めてお越しいただく方や、毎年お越しいただいている常連の方など、多くの方々にお楽しみいただいている行事です。

本年度も引き続き新型コロナウイルス感染症対策としてベッドの間隔の確保、各部屋の換気、施術中のマスク着用、来所時の検温と手指の消毒を実施しての開催となりました。

 

写真1 受付で検温をする様子

写真2 自治会長のあいさつ

1年生は初めて患者さんの施術を行うだけでなく、普段とは違う実習室での施術のため、事前に授業の時間を使ってしっかりと練習を行い、患者さんを迎えました。

2年生、3年生も、時間や場所など普段の臨床実習とは違った環境での施術でしたが、普段の実習で培った技術をしっかりと活かして施術しているようでした。

 

写真3 施術の様子

視力センターでは「あん摩奉仕」のほか、「あんま臨床実習」「はり臨床実習」でも新型コロナウイルス感染症対策として、来所時の検温、手指の消毒、臨床室の換気、施術中のマスク着用、施術後のベッド消毒を行っています。

センターに来られる際は検温やマスクの着用などでご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

                                  (矢野)

施設からのお知らせトップに戻る