今年度のきぐみでは、初めて集団の遊びに参加するお子さんも多く、
4月当初はお子さんも保護者の皆さんもドキドキしながらの通園だったと思います。

 

きぐみでは、身体を動かすことを中心に様々な活動に取り組んできました。
最初は身体の使い方がわからなかったり、初めての事で不安になったり、
苦手意識からか取り組もうとしなかったりする姿もありました。
ですが日々お母さん・お父さんと一緒に活動に取り組むことで、
安心して活動に向かうことができるようになりました。

活動の中では、みんなの様々な思いを丁寧にくみ取り、取り組もうとした姿や
できた姿を褒めることで “楽しい” “できた” “もっとやってみたい” という
思いや行動が見られるようになりました。
その結果、今までできなかったこともできるようになり、
自分で試行錯誤して挑戦する姿も出てきました!
  

 

また通園当初はお母さんや職員等、大人との関わりを楽しんでいましたが、
リズム遊び等でお友だちと手をつなぐ、こちょこちょをする、抱き着く等の関わりをしたり、
一緒に取り組む場面を作ったりすることで、少しずつ大人の促しがない中でも
遊びの中で互いを意識して遊ぶ姿が増え、
今ではこども同士で「一緒にしよう」と誘い合ったり、

「今日〇〇くんくるの?」と友だちと遊ぶことを楽しみに通ってくれたりするようになりました!

  

 

この1年間を通して、身も心も大きく成長したきぐみのみんな。
みんなが大きく成長してくれたのは、保護者の皆さんがいつもそばにいて、
支えてくださったからだと思います。

 

4月からはそれぞれ新しい生活がスタートしますが、
今まで積み重ねてきた力を糧に、これからも元気に、色々なことに挑戦して下さいね! 

   

 

 

きぐみ担任(丸本・鞠川)

施設からのお知らせトップに戻る