みどり組では、感触遊びや絵の具での製作遊びを楽しんでいます。

絵の具が出てくると、興味津々で保育士の様子をじっと見ていたり、触ってみようと

近づいてきて、“どうするの?”と保育士が準備している様子をじっと観察しています。

大きな模造紙に、筆やローラー、スタンプ等色々な道具も用意して、自分たちで使いたい

道具を選んで、思い思いの場所で、描くことを楽しみました。

 

 

6月は、カエルを模造紙に張って、カエルの上から緑や黄色、黄緑色等

塗っていきました。いっぱい塗りつぶしてから、カエルをはがしてみると、はがした

下からまた、カエルの形が浮き出てきて、子ども達も“あっ!!”と興味津々。浮き出てきた

カエルの上からまた、絵の具を塗って楽しみましたよ。

また、絵の具を楽しむ場所も、色々な姿勢で描くことが楽しめたらいいなと、

壁や机に貼ってみました。子ども達によって描きたい場所も違い、

周りのお友だちの様子を見ながら、大胆に描いて楽しむ様子も見られましたよ。

 

絵の具だけではなく、子ども達にとっては泡遊びやゼリービーズ等水を入れなが

ら、色々な感触の変化を見て、手や足で感触を楽しみ少しずつ、色々な発見をしています。

引き続き、感触遊びや、プール、水遊びと色々な夏の遊びを楽しんでいきたいと思います。

(担任:浅井・丸本)

 

施設からのお知らせトップに戻る