今回も佛教大学理学療法学科の得丸准教授にお越しいただき、五十肩に対する評価と運動療法についての勉強会をして頂きました。

 

五十肩とは肩の周りの筋肉等が衰えてしまうことで、肩に負荷がかかり痛みが生じてしまう症状です。

痛みが強い時期は睡眠が浅くなる方もいらっしゃるので、日常生活や生活の質に悪影響が出てきてしまいます。

今回も検査方法や治療方法等を最新の知見を踏まえて、得丸准教授に教えていただきました。

 

当院では五十肩はもちろん腱板損傷に対するリハビリも行なっておりますので、教えていただいたことを治療に活かしていきたいと思います。

施設からのお知らせトップに戻る