毎日暑い日が続いていますが、むらさき組では7月頃から、少しずつタライに水をためて、ペットボトル、ジョーロ、玩具などを使って水遊びをしました。

テラスで水遊びをするのが初めてのお子さんも多いので、最初はテラスに出ると“何をして遊ぶのかな?”とドキドキしていた子ども達ですが、タライの中に水が入っているのを見て、不思議そうにしているお子さんや、自分から手を入れて感触を楽しんでいる等お子さんによって色々な様子を見せてくれ、ジョーロに水を入れて“ジャー”と流したり、ペットボトルに沢山水を入れて、他のタライに移し替えたりして遊んでいました。

大人が遊んでいる様子を見て、“自分もやりたい”と、自分から積極的にジョーロやペットボトルを手にして、同じようにやってみようと奮闘しながら、夢中になって遊んでいました。

 

タライでの水遊びを何回か経験した後は、タライより大きいプールで、水遊びをしました。

水遊びをする場所が少し広くなった事でプールの中に入ろうかどうしようかと最初はドキドキ!!プールの中の様子を見ながらも中々入れなかったり、片足だけを何度も入れたり出したりしていたり、「やったぁ」と積極的に小さいプールの中に入って、寝転がって水の感触を楽しんだりする等、1人1人違う様子を見せてくれながら、プールの中に入って寝転ぼうとして見たり、座って玩具を集めたりして、水の感触を感じながら気持ちよさそうに遊んでいました。

 

 

 

 

水遊びはとっても楽しくて、自分たちからプールに向かって行ったり、「プール遊びしよう」と知らせると、保護者の方と一緒にお着換えをして、はりきってテラスからプールまで進む子ども達。

8月には大きいプールに水をためて大プールに入ってみました。浸かってみようと寝転がってパシャパシャと感覚を楽しんでいたり、プールの中を歩いたり、プールに浮いている玩具を拾って集めたり、プールの中でうつ伏せになって泳いでみるなどの姿を見せてくれますよ。

 

 

水遊び・プール遊びが嬉しくて、“楽しい・もっと遊びたい”とアピールしてくれる子ども達。少しずつ水量を増やしていきながら、水の抵抗を感じて浮く事を楽しんでみたり、身体を水の中で動かしてみる等夏の時期ならではの水遊び・プール遊びを思いっきり楽しみたいと思っています。

担任:浅井・鞠川

 

 

 

施設からのお知らせトップに戻る